AGAの治療費と健康保険

薄毛、抜け毛の悩みのある人が一度は考えるAGAの治療。AGA治療には興味があるものの、治療にかかるコストを考えるとちょっと二の足を踏むという人は少なくないでしょう。

AGA治療は、関わる医療機関によって、3種類の治療法があります。

AGA治療を専門に行う医療機関での治療は、やはりそれなりのコストがかかります。

複合的に薄毛、抜け毛をケアする上、専門医が処方する薬の処方など、安全で安心して任せることができます。

治療に関しては保険の対象外ですから、やはりコストは若干高額になります。

一般病院で頭髪治療を行うこともできます。こちらは専門医に比較すれば若干手ごろな価格での治療になります。

安価であること、医療機関である点にはメリットがあります。

しかし、薄毛、抜け毛といった治療に関しては、専門医の専門的なアプローチや実績と経験、

最新の治療介入方針などは望めないため、どの程度発毛という結果に結びつくかは疑問が残ります。

一般医ではプロペシアを処方されることもあります。皮膚科の治療では、皮膚疾患などを治療することが目的で、発毛そのものに焦点が当たっていないケースもあるでしょう。

薬剤だけを安価に入手したいという気持ちから、並行輸入、個人輸入で薬を買い付ける、

自己流治療も横行しています。薬だけを服用するという点で言えば、最も安価な方法です。

フィナステリドやミノキシジルといった人気の薬は、個人輸入サイトでも人気商品になっていますから、

比較的入手は簡単でしょう。しかし、これらの処方は、自己責任によるものです。

持病がある人や他に服薬中の薬がある人は、安全性や副作用を考慮して、慎重に行う必要があります。

また、発毛効果にどの程度の希望が持てるかは、疑問の残るところでしょう。

□参考リンク:http://www.amprosoftdesign.com/

Comments are closed.